2007年07月05日

迷子犬&避妊手術の重要性

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  茨城のホームレスワンコ 里親・ボランティア募集してます

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

下迷子ちゃんのお知らせです下


6月26日午後2時頃、さいたま市防災センター内で迷子になっている犬を保護しました

場所はさいたま市大宮区

ヨークシャテリアとシュナウザーのMIXっぽいらしいです

1182867782592126s.jpg

最新情報は右 こちら


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




避妊手術の重要性

ペット里親会で保護されたゴールデンのワンちゃん
重症の”子宮蓄膿症”で手術しました
取り出された臓器は、1.8キロもあったそうです。

詳しくは、里親会のブログをご覧下さい
7月4日に詳しく書かれています

もっと早くに避妊手術をしていれば、こんなに苦しい思いをせずにすんだはずです。

近所で”子宮蓄膿症”で危険な状態に陥ったワンちゃんがいます。
一命はとりとめましたが、若いうちに避妊手術をしていれば・・・
と飼い主さんも悔やまれていました。

”避妊 去勢手術”については、人それぞれの考えがあります。
必ずしも手術した方がいい・・とは、言いません。
でも手術することによって将来、女の子、男の子特有の病気になる可能性は少なくなります。

ムクが手術した時にこんなことを言われました

「どこも悪くないのに痛い思いをさせて可哀想〜
 人間だって避妊手術しないのに!」


人間だったら、人間ドックなどの検査を受けることができます。
でこか異常を感じれば、自分で病院へ行くこともできます。

でもワンコは、どこか痛くても口に出して言うことができません。
自分で病院へ行くこともできません。

たった1度、ほんの少し痛い思いをするだけで、病気になる可能性がずっと少なくなります。

年老いてから痛い、苦しい思いをする方がよっぽど可哀想だと思います。
また手術の危険性も高くなります。

考え方は、人それぞれですが、ワンコにとって一番良い方法をとってあげたいですね


 


   ー(長音記号2) ー(長音記号2) ー(長音記号2) ー(長音記号2) ー(長音記号2) 


固い話題になってしまったので、ここで美味しいものをかわいい


P7050041.JPG

昨日は、仁くんのお誕生日でした
ついでに言うとアメリカ独立記念日・・
関係なかった?顔(汗)

おねえちゃんがお祝いにケーキを買ってきました

復帰祝いといい、お誕生日といい
おこぼれをもらっているじんみですわーい(嬉しい顔)

パティスリーなんとか・・のケーキだとかで
と〜っても美味しかったワン顔(笑)





犬(泣)わたしのは、ないの〜犬(怒)

           by ムク

 







 下 下 下 下 下
 愛するペットのために・・・
stp_b03.gif  no-ro-do-no.png


Save The Pets
”ウンチの放置禁止”
”ノーリード反対”
のステッカーができました。
ご賛同いただける方は、ご協力をお願い致しますm(._.)m

unichi-mochikaeri2s.jpg  unchi80x100.jpg

  上 上 上 上 上





ニックネーム じんみ at 14:41| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする