2007年06月15日

パニックです爆弾

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  茨城のホームレスワンコ 里親・ボランティア募集してます

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 
2〜3日前の出来事です

その前にムクのワンコ恐怖症のお話を少しします。

以前にも書いたと思いますがムクは、1才くらいの頃に
ノーリード3頭の黒ラブに追いかけられた事があります。
ムクは、それ以来ワンコ恐怖症におちいり、特に黒ラブを見るとパニックになってしまいます。

今では、毎日の修行もあってだいぶ克服できました。


今でもその子のノーリードでのお散歩を見かけますが、早めに見つけて回避していました。

ところが!
2〜3日前のことです!

いつものように川沿いをご機嫌で犬(笑)ルンルン歩きのお散歩でした犬(足)

私は、川の向こう側でその黒ラブがノーリードで走っているのを見つけましたダッシュ(走り出すさま)
「これは、やばい!!」
ムクに気付かれないうちに、その場を去らなければ・・・
と思った瞬間、向こう岸で
「○○ちゃ〜ん!!」
とその子の名前を呼ぶ飼い主の声ががく〜(落胆した顔)

ムクは、すぐに気がついて
尻尾をまるめる!
足をバタバタさせる!
おどおどして、「どこへ逃げようか!」と慌てる!

私は「ム〜大丈夫だよ!こっちへ来れないから!!」
と叫んでも聞こえていません。

ムクは、ノーリードの子を見るとパニックに陥り、私の声が聞こえなくなります。

必死に声かけしても、無駄でした
すごい力で私を引っ張って行きます!

このときにつくづくと感じました。
リードは命綱
このリードが外れたら、パニックになったムクはどこか行ってしまう。
それを思ったらぞっとしました。
普段、私を引っ張る事のないムクが、こんなに強い力で引っ張っています。
どれだけの恐怖なのかが伝わってきましたがく〜(落胆した顔)

何とか、その子の見えない場所までくると、私は、抱き締めて落ち着かせました。
息が「ゼーハーゼーハー」しています。
木陰だったので「少し休んで行こう」
と言いましたが、後ろばかりを見て、落ち着きません。
「もう帰る!!」
と言って、おどおどしながら家の方へ、向かいました。
ほとんど小走り状態での帰宅でした

せっかくの楽しいお散歩が恐怖のお散歩になってしまいましたちっ(怒った顔)


ノーリードのお散歩は、飼い主の満足にしかすぎません。
放されているワンコがどんなに危険なことか・・・
またそれで他人や他犬を怖がらせたり、傷つけたりしていることを充分にわかってほしいものです。




P6140004sk.jpg



P6140005sk.jpg



P6140008sk.jpg






下 下 下 下 下


Save The Pets
”ウンチの放置禁止”
”ノーリード反対”
のステッカーができました。
ご賛同いただける方は、ご協力をお願い致しますm(._.)m

unichi-mochikaeri2s.jpg



 下 下 下 下 下
 愛するペットのために・・・
stp_b03.gif

no-ro-do-no.png

  unchi80x100.jpg

  上 上 上 上 上





ニックネーム じんみ at 09:57| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする