2007年02月11日

ノーリード

演劇ママの声


ノーリードです

昨日のお散歩時の出来事です。

向こうからビーグルがひとりでこちらへ向かってきます。
ムクの姿を見つけると足取りが速くなりました。
後ろからおじさんがゆっくりと歩いてきます。
私は、おじさんに「こっちへ来させないで!」
と叫びました。
そう言っている間にもビーグルは近づいてきます。
ムクは、すでに「きゅ〜ん」=怖い!と言っています。
私は、おじさんは間に合わない!と判断して、ムクを抱き抱えました。
もう一度、「早く繋いで!」
と叫ぶと、なんと「リードを持ってない」と言います。

私    「なんで持ってないの!!」
おじさん 「逃げたから・・・」
私    「抱き抱えればいいでしょ!」

おじさん ゆっくりとビーグルに近づいて、しぶしぶ首輪をつかんだと思ったら
すぐに放してしまいました。

私    「早く連れて行って!」
おじさん 「なんでそんなにだめなの?」
私    「追いかけられた事あるから!!」
おじさん 「ウチのは、大丈夫だよ」

そっちが大丈夫でもこっちは、大丈夫ではありません!!

そんな問答を叫でいる間にムクは悲鳴をあげて、暴れ出してハーネスが外れてしまいました。
反対方向へ逃げたらバス通りです。
私は、必死でムクの前足をつかんで、
「ム〜! 大丈夫だから!!」
と言ってもパニックになっています。

ムクは、以前にノーリード黒ラブ3頭に追いかけられた事があり、とても怖い思いをしています。
だからノーリードのワンコを見るとパニックになって私の声も聞こえなくなってしまいます。

話はそれましたが、おじさんは、それでものんびりとビーグルを連れて、
ようやく姿が見えなくなりました。

ムクに「もう行っちゃったから、大丈夫だよ」
と声をかけましたが、まだジタバタしています。
「ママ!放して! 怖いから逃げるの!!」
と言っています。
でもその手を離したら、バス通りに出てしまうので、絶対に離すまい。
多分、かなりの力が入っていたと思います。
これでは、だめだと思い、しばらく抱き締めて落ちつかせてから、
13キロのムクを抱き抱えて家に帰りました。
帰ったとたんにムクは、腰を抜かしてしまい、立てなくなってしまいました。


どれほど怖かった事でしょう。
怖い思いをするのは、一瞬。
トラウマとして心に傷が残るのは、一生です。

ノーリードがどんなに相手に(人もワンも)怖い思いをさせているのか、もっと認識して欲しいです。


ムクは、ワンコ恐怖症に陥っていましたが、毎日会うワン友に慣れて、

初めて会うワンちゃんでも自分からご挨拶に行けるようになるまでに、克服していました。
長い時間かけて、ここまできたのに、今日みたいな事があると元の木阿弥です。


それにしてもあのおじさんは、とても理解できません。
ワンコが逃げたのなら普通は、リードを持って追いかけるでしょう。
なぜ、持っていなかったのか・・・
そのビーグルは、ウチの近所のワンコで、時々脱走するそうです。
そういえば、ひとりで歩いているのを何度か見た事があります。
わりと愛想の良いおじさんだけど、今度会ったらどんな顔をするのでしょうね。


ムクに、こうお話をしました。
「どんな事があってもママが絶対に守ってあげるから、大人しく抱っこされていてね。
ママの腕の中で暴れると今日みたいに返って危ないからね。
絶対に守ってあげるから、約束するよ」
ナデナデしながら、目を細めて聞いてくれていました。



先日、ちゃあさんがノーリードやうんち放置について書かれていて、
その中にノーリードのワンコに腕を噛まれたという方を紹介して下さって、読んだばかりでした。

「佐渡のワンコ」


ノーリードがどんなに危険か!
をしっかりと認識して
「自分のワンコさえ良ければいい」
という考えは、絶対にやめてほしいです。
心からそう願います。












下 下 下 下 下


Save The Pets
”ウンチの放置禁止”
”ノーリード反対”
のステッカーができました。
ご賛同いただける方は、ご協力をお願い致しますm(._.)m


unichi-mochikaeri2s.jpg







 下 下 下 下 下
 愛するペットのために・・・
stp_b03.gif


no-ro-do-no.png



  unchi80x100.jpg

  上 上 上 上 上



ニックネーム じんみ at 09:33| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする